ISO39001対策に! ドラレコ + デジタコ + GPS ⇒ テレマティクス クラウドサービス

くるま-iとは

画像の説明

日々の業務をシンプル・便利に!

サービス全体図


くるま-i は、テレマティクス(*1)と携帯パケット通信、クラウドコンピューティング(*2)などの技術を組み合せた次世代型車両運行管理サービスです。

高画質200万画素のCMOSセンサー搭載カメラと、データ通信機能、GPS機能などを備えた専用の車載装置を、フロントガラスに両面テープや吸盤で取付け、電源をシガーソケットに差し込むだけで、カメラやGPSから取得された画像、位置情報、運行速度などが携帯パケット回線からインターネットを経由してくるま-iデータセンターへ送られます。ドライバーの操作は一切必要なく、負担になりません。

お客様専用に管理されたサーバ上で解析・処理をした情報は、インターネットに接続可能なお手持ちのPCやタブレット端末、iPhoneなどから、24時間365日、いつでもご覧いただくことができます。お客様ご自身がシステムの設定や運用に携わることは一切ありませんから、コンピューターの操作が苦手という方でもお気軽にお使い頂けます。

車載装置がお手元に届いたその日から、最新の車両情報管理システムがご利用頂けます。

車載装置は、トラックやバス、乗用車など車種にこだわることなく取付け可能で、また、取り回しが簡単なので、一台の機器を複数の車両でお使い頂くことも可能です。

(*1)テレマティクス (Telematics) とは、テレコミュニケーション(Telecommunication=通信)とインフォマティクス(Informatics=情報工学)から作られた造語で、移動体に携帯電話などの移動体通信システムを利用してサービスを提供することの総称。

(*2)クラウドコンピューティング(cloud computing)とは、ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態である。ユーザーはコンピュータ処理をネットワーク経由で、サービスとして利用する。従来のコンピュータ利用は、ユーザー(企業、個人など)がコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データなどを、自分自身で保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングでは「ユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う」形になる。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional